ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

8年目のいま

2011年3月11日に私の運命が変わったような気がしてから、はや8年。

また今年もこうしてあの日のことを思い出し、切なく苦しくなる時期を迎えられたことを喜ぶべきなのか、こういう感情を抱くことを悲しむべきなのか、ひととおり悩んだ末とりあえず真顔で一日を過ごすことになる。

 

8年。

変わらないと思っていても、そうと気づかないうちにきっと自分は変わっていて、誰ひとりとして同じ人はいないし、変われない人などいない年月。

 

毎年この3月11日という日付に囚われている気がする。

 

アメリカからひこうき雲を眺めて遠く地元を思った1年目。

浪人するためにバタバタと下関を引き払う準備をしていた2年目。

大学に期待してバタバタとしていた3年目。

疲れきって1人の部屋で天井を眺めていた4年目。

初めての大きな区切りに心が折れかけた5年目。

就活の不安と戦いながら世界に裏切られた気がして絶望した6年目。

AKBの握手会場の近くの喫茶店で苦しくなっていた7年目。

そして働いて心を押し込めていた8年目。

 

毎月この辺りの時期に体調が悪くなるのにも慣れ、テレビから見える震災の映像に、音に、憂鬱な気持ちになるのを隠しながら、この時期をやり過ごす術をみにつけてしまいました。

 

8年。

君の名は。で幼かった瀧くんが三葉に出会って世界を変えてから三葉に2人は覚えていないけれども「再会」するまでの年月。

未来を変えてしまうことに賛否両論があったけれど、フィクションのなかでくらい救われたい。

 

8年という長く切ない期間、私は後暗い思いを抱いていたし、これからも一生消えることはないと思うこの漠然とした思いを、毎年こうしてどこかに吐き出すことは「いま」生きている私の記録なのだと思います。

 

来年もこうして苦しんでいることを喜べるように、この1年もがんばることにします。

 

放課後寄り道コレクション

こんにちは。

ながらくぶりです。

私は元気に働き、明日も働き、そして生きています。

こんな全然更新のないブログにいまも訪問者があるらしく(おそらく井上由莉耶と検索するとサジェストの上の方に出てくるせい)、ありがたく思っています。

昨日までも変わらず井上由莉耶さんが好きで、今日もずっと井上由莉耶さんが好きで、きっと明日からもずっと井上由莉耶さんが好きな私は、誰になんと言われようとこれからもたくさん井上由莉耶さんへの愛をしたためます。

 

井上由莉耶さんへの愛が強すぎた結果、福岡に行って放課後寄り道コレクションの聖地巡礼のような写真をお友達に大量に撮ってもらいました!

せっかくだから公開したいと思います。

一眼とあいぽんが入り混じってるので、アレなのもありますがご容赦…

とりあえず1枚目プレビューなるので個人的ベストショット貼っときますね

f:id:kaaaaaoruuun:20190213221432j:image

鬼お気に入りでついったのアイコンになってます

儚い感じでキャワワ〜

 

以下本当に大量なので閲覧、通信量注意です

 

f:id:kaaaaaoruuun:20190213213453j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213501j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213439j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213449j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213618j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213653j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213657j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213702j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213707j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213712j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213723j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213213719j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215542j:image

初期のゆりやちゃんの寄り道に出てきた辺り。

幼くて可愛くて、この柵よく登ったなって当時も思ったんですが、自分で登ってみて改めて思いました笑

向こう側にちゃんと土地もあるものの、結構スリリング。笑


f:id:kaaaaaoruuun:20190213220701j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220657j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220548j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215546j:image

おでかけ!笑
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215550j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215555j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215558j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215603j:image

この辺でI4Uがわちゃわちゃしてたなぁとか、あべさんと来てたなあとか、しんみり。

しんみりっぽく見えないけど。


f:id:kaaaaaoruuun:20190213215607j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215611j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215615j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215623j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215619j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215629j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215633j:image

記念すべき第1回の寄り道のところ。

なんでもないただのはらっぱなんだけど、こういうところ進んでいくとなにかがあるかもしれない、って期待にワクワクする。
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215637j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215641j:image

やっぱり入ってったら謎の石碑みたいなものがあり、一生懸命解読してしまいました笑

結局なんの石碑なのかは分からなかった……笑
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215646j:image

ゆりやちゃんの選挙ポスターイメージのお写真。笑

みつけた!


f:id:kaaaaaoruuun:20190213220458j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220716j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220510j:image

毎年恒例だった初詣の神社。

ゆりやちゃんも引いた御籤を引いたら末吉というなんともコメントしがたい結果に。

内容もすごく刺さるものがあって…

心して生きていこうと思いました笑
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220649j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220705j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220619j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220502j:image

せっかくなのでゆりやちゃんも結んだあたりに結んでみました。
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215650j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215656j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215700j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215704j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220653j:image

そしてついったーたいむ。


f:id:kaaaaaoruuun:20190213215716j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215720j:image

まじすか風の辺りにも行ってきました。

立ち入り禁止ポーズを決める私のドヤ顔にじわる(*¯꒳¯*)
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215708j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215713j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220627j:image

梅が咲いていて、もう春だー!ってなりました。
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215723j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215728j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215731j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215740j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215736j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215748j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215744j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215752j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215757j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215800j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215809j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215814j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215819j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215824j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215828j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215837j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215832j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215841j:image

まじすかのお写真、キメキメに恥ずかしくなってにやけちゃったりしてるのがウケる

撮影者の技量と切り取り方で何とかなってるなとジワジワしました

 

ここで撮影中に何者かの足跡を発見!

だれだ!ここをあるいていったかわいこちゃんは!
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215804j:image

おそらくイノシシだろうとのこと…

干支じゃないですか…縁起よし……!
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220711j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220632j:image

早く春になれ~!(東京は激サム)


f:id:kaaaaaoruuun:20190213220506j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220514j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220610j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220526j:image

じゃーん!

ゆりやちゃんの撮影場所とは違うけど、糸島の海にも行ってみました!

あったかくて、海がエメラルドで、ほんとに綺麗だった!(あいほんカメラの限界を感じる)

f:id:kaaaaaoruuun:20190213220539j:image

青空も綺麗ではしゃぐ私。
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220522j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220640j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220556j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215849j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215845j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213221144j:image

そもそも海沿い生まれということもあり、海に来ると無条件にウキウキワクワク、すごく楽しくなってしまう私。

子供みたい…
f:id:kaaaaaoruuun:20190213215954j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213221148j:image


f:id:kaaaaaoruuun:20190213220011j:image

ちょっと決めた風の写真を撮ってもすぐ遊んじゃうので、お前はもう24歳なんやぞ…と言ってやりたい……
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220003j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220007j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220022j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220018j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220034j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220025j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220030j:image

光の入り方も、一瞬の切り取り方も、本当に写真ってすごいなと思います

 

そして!!!

f:id:kaaaaaoruuun:20190213220043j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220039j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220047j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220051j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220059j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220055j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220104j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220108j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220614j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220601j:image

インスタばえスポット!

天使の羽根を生やしてきました!

すごい!

かわいー!って思ったんですが、いざ自分で撮るぞ!ってなったらすごく照れちゃって!

撮影する人も多かったのでギャラリーも多く……

すごくドキドキしながら撮りました笑

夕焼けオレンジな海はいつか絶対リベンジしたいなぁ💪🏻

f:id:kaaaaaoruuun:20190213220544j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220644j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220122j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220116j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220112j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220130j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220125j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220138j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220134j:image

夕方の海だったので、オレンジにならんかな~と思ったのですが、雲が出てきてしまい、惜しい感じに…

もったいなーい!と思いつつ、砂浜は楽しくてニヤニヤと撮影しました笑
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220147j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220143j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220151j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220155j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220200j:image

接写は少し恥ずかしい(照れがすごい)
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220208j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220220j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220212j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220216j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220225j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220233j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220229j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220238j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220242j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220245j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220250j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220255j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220300j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220303j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220307j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220311j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220319j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220314j:imagef:id:kaaaaaoruuun:20190215142846j:image

ゆりやちゃんのマフラーもふもふがすごく好きで、それを参考にマフラー小道具に撮ってもらいました。

やっぱり撮られるってむずかしいし、安定してかわいい表情をみせてくれるアイドルさんたちってすごい。
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220322j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220326j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220329j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220552j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220636j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220623j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220518j:image

そして恒例の自撮りタイム~
f:id:kaaaaaoruuun:20190213221153j:imagef:id:kaaaaaoruuun:20190213220359j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220403j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220411j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220407j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220414j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220418j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220425j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220422j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220428j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220432j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220436j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220440j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220443j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220447j:image

からのついったーたいむ。

この辺の写真が本当に好きでかわいいー!最高ー!ってなって永遠にみてる。笑

自分を撮ってもらってるのにこんなに可愛く取れるなんてある~!?!?笑

お見合い写真に使いたい~!(お見合いしないけど)

 

ご飯もこの辺でたべたんですが、ほんとにパスタもピザもおいしくてベロリ食べあげました(効果音が汚い)
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220530j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220536j:image

ついったーでご飯美味しかったー!ってつぶやいたらお友達に「彼女とデートなうやろ!」ってダメ出しを受けたのでここで言っておきます

 

彼女とデートなう♡

 

そして、ついったーでもつぶやいたし、もしかしたら察している方もいらっしゃる方も…とは思うのですが、今回一緒に歩いた方はゆりままちゃんでした。

↓ゆりままちゃん写ってるのこれしかなかった…
f:id:kaaaaaoruuun:20190213220604j:image

こんなに写真撮ってもらってたのにままにゃんの写真撮っておらず、ツーショ自撮りすべきだったなぁと思ってます…

楽しすぎた上に普段友達が言い出すまでツーショ自撮りとかしない人間だからツーショなんてことはすっかり頭から抜け落ちてましたよ…反省……撮ってたところであげたりはしないですが私の気持ち的な問題……

 

ままにゃんとはひょんなことからお友達になりまして、会いに行こうかなって言ったら快く1日あけていただいて、フラフラ2人でいろんなことお話したりはしゃいだり、本当に楽しすぎた時間でした。

 

私がお友達になったのはままなので、ご本人の情報は全くなく…笑

聞かれても出てきませんよ!

私も怖くてききたくないですし!

 

ただ、本当に、奇跡的にお友達になれて、行くー!って言ったら会ってくれて、本当に嬉しかったし、写真まで撮ってもらったので、どうしても公開したいなぁって思って。

ストーカーとか絶対だめだし、推しを怖がらせるのもダメだって分かってるから、その辺は絶対しない(というか遠いし貧乏なのでできない)けど、すこし推しと同じ空間、世界を共有できたのは幸せだったなぁと思ってます。

改めて福岡は素敵な場所だったなぁ。

 

本当はゆりやちゃんみたいにひとことコメントとか入れたかったけど恥ずかしすぎてできないのでこの辺で終わります。

最後に今回巡った場所のゆりやちゃんの画像をば。

 

 

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152043j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152048j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152101j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152105j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152110j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152123j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20190215152127j:image

 

まじ井上由莉耶一生幸せになれ~~~~~~~!!!!

ならなきゃ怒る~~~!!!!!!!!!

久しぶりに。最近の井上由莉耶さんへの愛が止まらない話。

お久しぶりです。

 

なんだか放置している間もなぜか訪問者があるので、ドキドキしながら更新しています。

こんなただただわたしの愛をぶつけているだけのブログを読んでくださる方はどんな聖人君子なのだろうと思いながら今日も愛をぶつけていきますよ。

本当に文字だけになりそうなのでカバー画像だけ入れておきますね

f:id:kaaaaaoruuun:20180806214631j:plain

夏らしいやつ。かわいすぎか~!

 

最近本当に井上由莉耶さんについて考えるだけで一日が過ぎていく。

かわいすぎる。その一言。

 

今どこでなにしてるかなんてわからなくたって、井上由莉耶さんが元気で頑張ってくれてさえいれば、私はそれでいいんですよ。私のがんばる意味だから。

でも、それでも、

そろそろ

井上由莉耶さんにあいた~~~い!!!

そんなきもちばかりが募っていきますね。

 

私は首都圏に住んでいるので、井上由莉耶さんの卒業公演以来井上由莉耶さんをどこかで偶然見かけるなんてできないし、コンサートも入った回は行っていないので謁見売ることができなかったわけです。

そんな感じになってくるとそろそろ私の中で

井上由莉耶さんって実在の人物?」

「すべて私の中で完結していた物語なんじゃない?」

ってなってくるわけですよ。おそろしい。

実在しますよね?笑

 

実在しなくたっていいんですよ。極論言えば。

井上由莉耶さんが私の中で究極にかわいいアイドルとして生きていてくれればそれで。

 

井上由莉耶さんが一般人に戻ったことでどれだけのオタクが悲しい思いをしたことでしょう。私もその一人なわけですが。

だからと言ってオタクの勝手な「卒業しちゃうなんてもったいない!」「まだこれからじゃん!」「せっかくいま上り坂でいいとこなのに!」という思いを押し付けてはいけないのです。

アイドルさんだって一人の人間だから、自分の人生は自分で決めるもの。

私達がアイドルさんと一緒に過ごせた時間のほうが奇跡なんですよね。

本来私達の時間軸は交わることはなかったのです。

私と井上由莉耶さんでいえば、5歳差があって、本来ならそれはどう頑張っても大学で同じ学年になることすらない差であって(私がめちゃくちゃ留年したら別)。

住む場所も、生きる時代も、考えることも、もしかしたら好きなことも、何もかも違う私達が、なぜかお話しできたり、輝いてる時間を分けてもらえたりする。

それって本当に奇跡だと思う。

もちろん私が井上由莉耶さんを好きにならなかったら会えなかったフォロワーさんやファンの方々だっているわけで、そのつながりを作ってくれたことも、輝いていた時間を分けてくれていたことも、すべてのことに感謝している次第であります。

 

最近井上由莉耶さんについて考える中で、アイドルという存在についてめちゃくちゃ考えてしまうようになり、生きてくのが辛い気持ちになっています。

アイドルってなぜこんなに美しいかってその儚さなんですよね。

そういう儚さの中で頑張って生きるから輝くなんて言ってると、本当に卒業したときに辛すぎるんですけど。笑

やっぱり子供でもなく、大人でもない、そんな一瞬で過ぎてしまう時代が誰にでも存在していて、その時間って不安定だからこその美しさや惹かれるものがあったりするわけですよね。

本人たちがどのくらいその価値を理解して活動しているのかわかりませんが、もうその時代に戻れない私達はどうしてもその姿に惹かれてしまう…

がんばるひたむきな姿、道を探しながらもがく姿、感情を爆発させる姿、辛さを隠した笑顔…いろいろな表情と忘れていた綺麗な思いを思い出させてくれる、そんな存在なんです。

アイドルなんて…と思う人が世間にいるのは理解しています。

ただ48グループだからという理由で毛嫌いしている人と付き合っていた時代もありました。

ただ、アイドルという輝かしい存在を一度知ってしまったら、もう知らなかった戻ることはできないなって思いますし、もどりたくないって思います。

 

ダイスキな井上由莉耶さんに会えてよかった。

できることならもう一度あいたい。笑

 

最近、井上由莉耶さんのおかげで新たなお友達ができました。

そうやって私の世界のどこかで井上由莉耶さんというかけがえのない存在が素敵な縁と輝かしい未来を連れてきてくれるのです。

生きるの楽しいな。

儚いひととき

儚いひとときが終わりを告げてから、長い長い1年が過ぎようとしています。

 

私が彼女に出会ってしまったのは、偶然と、運命と、必然と、奇跡、どれなのかと言われると、どれでもありどれでもないのでしょう。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20180612000934j:image

 

兎にも角にも、天使に出会ってしまった私は、彼女に恋する機会を得て、愛する権利を得て、追いかけ続けました。

それをぱたりと閉ざされて1年、心にあいた大きな穴は、未だに満たされないままです。

 

私が切ないほど恋をして、苦しいほど愛しすぎた彼女はいまどこで何をしているのか、幸せに生きているのか、それすら分からずに、ただ「幸せであれ」と祈ることしかできません。

 

ただときどきメンバーから流れてくる彼女の情報をきいて「楽しくやっているのだな」と安心することと、それを直接本人から聞くことの出来ない切なさを抱えながら生きていくしかない自分の人生を哀れんでいます。

 

思えば昨年の今日、私は一生分の涙を流したのではないかというほど泣きました。

もう一生、彼女の姿をこの目に映すことはできないだろうし、声をきくことも、彼女が元気でいるかも分からなくなることはとてもおそろしいことでした。

それくらい、彼女は私の人生の全てでした。

「あの日僕らはどうやって家まで帰ったのだろう?」

 

この1年、新曲が出る度に、歌番組に出る度に、コンサートをする度に、「ここに彼女がいたらなあ」とふと思ってしまう自分がいました。

こんなに楽しいのに、こんなに素敵なグループなのに、こんなに彼女が愛したグループなのに、彼女の姿がないことが、とてつもなく悲しく切なく、胸に突き刺さりました。

彼女が決めたことだから背中を押すと決めたものの、やはり心の奥底では認めたくありませんでした。

彼女がこの世界から姿を消してしまったことを受け入れられていなかったのです。

 

彼女が姿を消してからやっともらえたHKT2期生のための楽曲、『僕らのStand By Me』を聴いてると「これを歌わせてあげたかった」という思いでいっぱいになります。

この曲が似合うのが2期生で、その最たる例が彼女だったと思うのです。

でもそう思うのは彼女がもういないからなのかもしれません。

もうどこにもいない彼女が、こんな気持ちで活動してたのかな、この歌をどんな表現で歌うのかなと想像するだけで、幸せになれる気がしています。

「知らない間に近道していた

知らない間に大人になっていた」

たくさん一緒に寄り道して、ニコニコ過ごす彼女を見てきたから、この歌詞は心にくるものがありました。

寄り道で輝いた彼女はもうここにはいない、大人になって自分の道を一歩一歩歩いていくんだってそんな想いが込められているような気がしています。

f:id:kaaaaaoruuun:20180612081900j:image

それでも私はやっぱり街のどこかに彼女を探してしまうし、愛しい彼女が何をしているのか、大学は楽しいのか、友達は変わらず友達なのか、気になってしまうのです。

 

そんなことを考えていても、彼女のいない日常に慣れてきたことは事実です。

芝生の上でくつろいでいる猫を見たとき、チョコミント味のアイスやデザートをふと目にした時、彼女が好きそうな洋服を見つけた時、ふと彼女を思い出して泣きそうになることはあるけれど、それでも彼女が元気でいることを信じれば何とかなると思っています。

猫や、チョコミントや、彼女が好きそうな小物や、紫色のペンライトは彼女を思い出させるものであり、思い出す度に私は彼女が幸せであればいいと祈るためのものになっていました。

 

もう彼女がどこで何をしているか、確かめるすべもありません。

でもそれでいいのだとやっと思えるようになりました。

 

もとは交わることのなかった彼女の人生と私の人生、神様のイタズラか、はたまた運命のいたずらか、わたしは彼女と出会い、電撃的な恋に落ちました。

恋するには長く、愛するには短い4年8ヶ月という年月は、私の人生に色を添えてくれました。

恋するには長くても、疲れずに追いかけてよかった。

愛するには短くても、諦めずにそばにいてよかった。

美しく儚いアイドルとしての彼女は、輝いている絶頂で卒業したから伝説として、多くの人に愛され続けるのだと、そう思っています。

 

彼女以外のアイドルを応援しても、頭をよぎるのは彼女の姿だなんて、切なすぎて、苦しすぎて。

アイドルさんはみんな輝いて美しいのに、その中に彼女がいないのが本当に悲しくて悔しくて、その姿を探してしまうなんて、そもそも他のアイドルさんに失礼すぎる。

それでもときどきは思い出しても許してほしいな、なんて思ってしまうのです。

 

推しの卒業がこんなに辛く苦しく切ないなんて思ってもいませんでした。

だからといっていつまでも受け入れずにいるわけにはいきません。

彼女はもう既に自分の道を歩み始めていて、私が引き止めておくことはできないのだから。

ずっと後ろ姿を追い続けていたとしても、いつか本当に遠く、その背中が見えなくなってしまう日がくるのだから。

いつまでも固執していないで、ちゃんと心の隅で思うくらいにならないといけないんだろうなって思っています。

分かっていてもそう簡単にできることではないので、時間をかけて少しずつ、1歩ずつ、彼女を忘れるのではなく大切な箱に優しく思い出をしまうように。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20180612185137j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20180612185300j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185209p:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185148j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185332j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185237j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185113j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185241j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185256j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185203j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185315j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185105j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185229j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185309p:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185250p:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180612185120p:image

 

携帯には彼女との消せない思い出がたくさん。

こんなにたくさんの思い出をくれた彼女を忘れられるわけがないし、嫌いになれるわけもない。

こんなに素敵な人に出会えたことがラッキーじゃん、と割り切れないくらい彼女を思い出すたびこの心は重くなっていくのです。

 

彼女の優しい自然な笑顔が大好きでした。

 

彼女のぱっちりした目が大好きでした。

 

彼女の真剣な表情が大好きでした。

 

彼女の弾けるようなダンスが大好きでした。

 

彼女の考えて作り込まれた世界観が大好きでした。

 

アイドルとしてのプライドをかけた姿がとても大好きでした。

 

喜ぶ姿も悔しがる姿も、全てが輝いて美しくてこんな人に出会えてよかった、そう思える女の子でした。

 

彼女が私達にくれた言葉はすべてキラキラ輝いて、ずっと私の心に刺さっています。

「みなさんの存在が私のアイドルとしてのすべて」

「本当に幸せでした」

「本気のアイドルで最後までいる」

彼女の姿勢は全て、私の人生の指針になるようなものばかり。

まだ10代、高校をやっと卒業する歳の女の子。

それなのにあんなにしっかり自分の足で立って、未来をみて、たくさんのことを感じ取って生きている女の子、そうそういないと思います。

最初から最後まで、ちゃんとアイドルとして私の前にいてくれてありがとう。

 

アイドルとして求められることがおおすぎて疲れちゃったのかな。

なんでもできちゃうがんばりやさんだから、がんばることに疲れちゃったのかな。

いろんなことを考えたし、卒業にかんしていろんなことを思ったけれど、どれが真実だとしても、私の前で輝いていた彼女が消えるわけじゃない。

心の中で永遠のアイドルとして生きてくれるのだから、彼女にはこれからの人生を誰にも支配されずに、演じずに、ありのままの彼女として生きていって欲しいなあって思います。

 

 

私のこの恋とも愛とも分からない、そんな言葉では表現しきれない大きな想いは、ずっとずっと彼女を想うことで、彼女のために祈ることで、どこかで彼女のためになることを信じています。

 

偶然でも、運命でも、必然でも、奇跡でも、もうなんでもいい。

彼女に出会えたという事実それだけがこれからの私の生きていく力になるのです。

神様のような普通の女の子として、これからも楽しく生きていってくれることを願っています。

生まれ変われるなら彼女の友達か、彼女の家で飼われる猫になりたい。笑

 

もしどこかで会えることがあれば、私は彼女に「ありがとう」と「幸せでいてね」と伝えたい。

 

ずっとずっと幸せを祈れる私の大切な井上由莉耶さんが、これからも彼女らしく生きていけるように、これからも応援し続けます。

f:id:kaaaaaoruuun:20180612185532j:image

 

2018.5.27『これが博多のやり方だ!HKT48春のアリーナツアー2018』@マリンメッセ福岡昼公演

はるばる行きましたはるばると。笑

 

f:id:kaaaaaoruuun:20180529210912j:image

 

就職してはや二ヶ月、何とか生きている私ですが、久しぶりにパソコンを開いて曲を同期しているさなか、あの感動が忘れられず何度も思い出しては泣きそうになり本当に行けてよかったという気持ちでいっぱいです…!

 

ここ数日何度も握手会に行ってはいるのですが、筆不精のため全く更新していませんでした。

更新しても可愛い、天使、最高、以外の語彙がないのでいいかなと…

しかしこのライブに関しては言いたいことがありすぎて話し相手が周囲にいないこの辛い状況に耐えられず、睡眠時間を削ってでも更新しようという気持ちになった次第です。

 

そもそも、普段関東圏に生息している私が、なぜこの新卒が一番疲れが出てくる時期に

はるばる福岡まで飛んだかと言われれば、ただ単純に、SSAに全員来なかったからなんですね。

 

私はせっかくのツアー、大箱だし、沢山のメンバーがギャーギャー言ってるのを見たいわけですよ。

それなのにSSAとかいうめちゃくちゃでかい箱でわざわざ選抜にして、私が推してるメンバーはあまり来ないさいたまでのコンサートにお金を払うよりは無理してでも博多に飛んでみんなの笑顔と成長を見たい、というのが私の気持ちだったわけです。

 

そんなわけでまだ有休もない私は、日曜の夜には帰ってきていないと次の日にしごとにいけないから、昼公演のみ参戦でした。

夜には僕が推していた某元メンバーもいたみたいですし、夜はいらなくてよかった…

そんなことになったらコンサート集中できない…と思いました。

映像化されるときに彼女達の顔はできればカットしてもらいたいなあ…

いつまでも亡霊卒業できない…

 

そんなわけで何とか福岡に行き、コンサートに参戦した私ですが、感動と最高の気持ちでいっぱいになったのでとりあえずガンガンコメントしていきます。

 

メンバーがOverture前に出てきて掛け合いをしてたんですが、ぴーちゃんがすぐそこにいて肉声が聞こえる…!って

本当にやばくてとりあえず気づいたら泣いてました。

メンバーも近くで煽ってたんですがかわいくて最高…という気持ち

 

ツアー書下ろし『ぶっ倒れるまで』はコンサート向けの強い曲だと感じました。

コールも入れやすいし会場あっためるのにいいすね

さしこちゃんの生煽り聞けてうおおおおおおおおなりました。(単純)

 

スキップ、メロンジュース、さくたべあたりはもう鉄板すぎて高まる高まる…

ペンラの色変えも楽しいくらいにガチのテン上げ。

 

ドラ2の『仮想恋愛』、perfumeみたいでかわいいと思ったし、ダンス苦手なイメージがあったびびあんがすごい踊れてて努力と成長がみられて、サイコーな気持ちでした。

びびあんは全編通してパフォ良くてめっちゃ目を引いてよかったって思う!

 

『僕の想いがいつか虹になるまで』青い空の演出がかわいかった。

はなちゃん早着替え間に合ってなくてがんばれ、がんばれってなった笑

パッションフルーツの秘密』

衣装が白くてまじでかわいい。

ダンスもお姉さんぽくてまじ可愛い。

 

そして大号泣するしかなかった『僕らのStand By Me』

あれはずるいわ。

出てきた瞬間泣いたし紫にペンライトの色変えてた。

2期生への想いが溢れ出しちゃって辛かった。

サビで思い出写真流されたら今までのみんなの苦労とか思い出しちゃうし泣いちゃうでしょ。

泣くしかなくてもう無理ってなってたら大サビで意味深な演出あって誰出てくんだ?思ったら美桜ちゃんでまた泣くやん。

ああいうずるいことしちゃだめだよ。化粧が消えるよ。笑

 

『ロマンティック病』安定のかわいさでにっこりしちゃう。

『ファンミーティング』

推しがめっちゃキラキラはじけてるのを遠くからでも確認できて本当に幸せだった。

このときの堺萌香さん輝きすぎてた。

孤独なランナー

かっこよすぎてしびれる

風格がありすぎててもうギャーって感じ。

 

ドラ3ゾーン『覚えてください』はさわやか!ういういしい!ってなってキラキラ希望を見たよね。

若くてかわいくて、なぜだか知らないけど涙腺がやられました。

『スカートひらり』は久しぶりに聞いた気がする

古典公演王道ユニットあんまり最近聞かないからめっちゃうれしかった。

 

 『2018年の橋』

こっれは死ぬほど泣いた…

ずるいわ、ほんとに

はるっぴの場所があいてるのほんとずるいし泣いてるメンバー観たら私も泣いちゃうわ…

もうほんとめっちゃ泣いちゃう無理

 

『会いたくて嫌になる』『Just a moment』『季節のせいにはしたくない』この辺の楽曲はほんとにみんなたのしそうでよいね

りこぴのスカートかわいかったのとえれたんの笑顔はじけすぎてかわいかったのとめるちゃんセンターに泣いてたら終わってた。

『季節のせいにはしたくない』、ほんと好きすぎる

 

『手をつなぎながら』『恋を語る詩人になれなくて』まできてうわ、これ公演一曲目じゃん、『RESET』やんじゃん!ってワクワクしてたらマジできてぎゃあなった

『RESET』公演は思い入れありすぎて楽しみすぎるけど緑しか振れない病気にかかってるから緑振ってた

てつなのおいもちゃんまじ可愛すぎたし死ぬかと思った(語彙力)

それぞれドラ3入ってるのは気づいてたけど詩人は大変だろうなあと思ってたしはるっぴのアンダーだとは思うけどわたなべあかりちゃんがセンターアンダーは言ってたのにまじでビビッてコール入れられなかった笑

 

写真コーナーの『お願いヴァレンティヌ』『控えめI love you!』あたりはメンバーが回ってくるのにニヤニヤしてたら終わってたしろくな写真取れなくてあれだった

 

f:id:kaaaaaoruuun:20180529211046j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211050j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211014j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211036j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211023j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211041j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211010j:image
f:id:kaaaaaoruuun:20180529211028j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20180529211055j:image

 

『アイドルの王者』『Make noise』『止まらない観覧車』『人差し指の銃弾』かっこよすぎしびれた

『74億分の1の君へ』はるたんセンターににやにやしてピンク振った

『君のことが好きやけん』『ロックだよ人生は…』『しぇからしか!』騒ぐしかねえ!ってなってニヤニヤしてた

『大人列車』この曲ははるっぴの思い出がありすぎる(当社比)

『ウィンクは3回』ファイボーワイパー!

『最高かよ』これはゆりや過ぎる…紫振らざるを得ない

ギャーギャーコールして楽しかった

 

アンコールの『早送りカレンダー』

かわいいし爽やかだし夏らしくていいね

私これのはなちゃんめっちゃ好きやねん

『HKT城、今、動く』

めっちゃびびあんかわいいし元気

このひのびびあんめっちゃよくて握手行きたくなった

『キスは待つしかないのでしょうか?』『12秒』

こうしてコンサートが終わってしまうのかと思うと寂しくて仕方なかった…

 

そんなわけで本当に最高なアリーナツアーで無理して遠征して本当に良かったと思い元気に帰ってきましたよ東京に

 

帰ってきていろんな曲きいたりツイッター見たりしてたらめちゃくちゃ泣けてしまってうわあああああなりました。

絶対またコンサートあったら行くぞ、そのために働くぞ、と思いました。

f:id:kaaaaaoruuun:20180529211107j:image

 

2018.3.11 AKB48『11月のアンクレット』個別握手会@幕張メッセ

昨日は握手会でした!

アイドルさんは尊い

 

2連続で長文真面目みたいなブログを更新したので頭がパッパラパーなブログもあっていいかなと今回はパッパラパーはブログです。

 

1月6日7日、2月11日?くらいの握手会の話を更新しようと思ってたら3月になってました。

更新せずに3月の話します。

 

2部おいもちゃん

制服かわいい。ちょっとほっぺのあたり肌荒れ気になる。大丈夫かな?

「若く見える!」っていったら

「本当に?うれしい!もうすぐ20歳だからな〜」

若手なのに歳上なの気にしてるのかな?かわいいからええんやで。

 

2部みぃちゃん

舞台でずっと握手会おやすみしてたので久しぶりにあえて幸せ。

普段より混んでた。

あと7割女オタで脅威感じた。

「舞台行ったよ!初めて観劇したけどおもしろくてすごい考えさせられた!」

っていったら

「ほんとに?初めてでも楽しめた?」

って少し心配そうだった。

とってもおもしろかったよ、って感想いったら嬉しそうだった!

イヤーカフかわいいね!って言ってくれてニヤニヤ帰ってきた。

 

2部じーな

綺麗なお姉さん。

髪色いいね!って!

ゆいもそんな色に一回してみたい〜って言っててキャワキャワだった

 

3部えれたん

どちゃくそかわいい。

「洋服かわいいね」

っていつも言ってくれる。

髪色も明るくしたのね!いいね!って言ってくれてすごいしあわせ。

 

6部まりり

前日の卒業発表もあり推し増しの多さ異常。

ひとりひとりに向き合って後光差してた。

2個前の女オタが泣いてて、1個前のオタクも涙声で、私も泣きそうになりながら握手。

「アニメ好きだからまりりの名前がクレジットでるの楽しみにしてるね」って言ったら「がんばるね!って

「まだついったーもインスタもやるから」って言ってたし私も「いっぱいふぁぼるね!」って言っておいた笑

やっぱり卒業メンバーと握手するのすごく切ないけどさよならをいう機会がきちんともらえるのありがたいね。

これからもまりりの幸せを祈り続けるよ…

 

3.11だけどほんとに握手あったことに救われたなあと思いました

三文オペラ

卒論も終わり卒業も決まり、ある程度生活がまたオタクブログを更新していこうと思います。

 

1月の末、僕の推しであるところの峯岸みなみさんがオーディションで勝ち取った『三文オペラ』を観劇に神奈川芸術劇場(KAAT)に行きました。

f:id:kaaaaaoruuun:20180312143404j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20180312143456j:image

 

あらすじ

マクヒィス(松岡充)は、乞食商会社長ピーチャム(白井晃)のひとり娘ポリー(吉本実憂)をみそめ、その日のうちに結婚式を挙げる。それを知ったピーチャムとピーチャム夫人(村岡希美)はなんとか別れさせようと、マクヒィスと長年の親友同志である警視総監タイガー・ブラウン(高橋和也)を脅し、マクヒィスを逮捕させようとする。両親の企みをポリーから聞いたマクヒィスは、逃げると称して娼館に立ち寄るが、そこで昔なじみのジェニー(貴城けい)に裏切られ、逮捕されてしまう。牢獄に入れられたマクヒィスをたずねたポリーと、マクヒィスといい仲になっているブラウンの娘ルーシー(峯岸みなみ)が鉢合わせすると、二人の嫉妬の口論を利用し、マクヒィスはまんまと脱獄するが・・・

公式サイトよりKAAT神奈川芸術劇場プロデュース 『三文オペラ』|KAAT 神奈川芸術劇場

ベルトルト・ブレヒトの名作と言われていますが、私は原作を読んだことがなく、堅い話なのかな、行って楽しめるかなあと不安もありながら、峯岸みなみさんの将来を応援するという意味も込めて観劇を決意しました。

 

日程の関係で初日の舞台のチケットをとり、それを握りしめひとり横浜へ。

初めて観劇をした私、とても緊張しました。

コンサートやライブに行くのとは少し違う緊張感の中、足を踏み入れたホールは証明の光を浴びて白く輝いていて、異世界に踏み入れたようでした。

 

劇が始まる前からキャストさんがステージにいて少しずつ世界観が形成されていくのも不思議な感覚がありました

そして曲が鳴り、話が始まるとどんどん引き込まれていく私がいました。

世界観は中世ヨーロッパのような、どこか遠い世界のようなものなのに、どうしても他人事にならない。

若い娘達の「愛する人と結ばれたい、そのためならお金も地位もいらない、愛さえあれば」という美しい夢、「愛する人と結ばれるためなら誰とでも闘う」という決意、娘の両親の「大切な娘を幸せにするために地位や財産のある人と結婚させたい」という願い、辛く苦しい時代を生き抜いた男の「金のためならなんでもする」という決意、その友人の「正義を貫くことだけが友を守ることではない」という妥協、出演する全ての人の「幸せに生きていきたい」という願い、全てが痛いくらいに伝わってきて、登場人物のずるさ、汚さすら愛おしく、人間よりも人間を感じて鳥肌が止まりませんでした。

そして全ての登場人物がキャストさんの中で生きている。

セリフを噛んでしまったらそのキャラらしい誤魔化し方をして、話しているキャラはそのキャラらしい返しをする。

その人の生きている世界を大切に預かって責任を持って演じている、そういう思いが伝わるような世界でした

全日程そういう思いで演じているからきっと体調や気分の乗り方、声のだしかたなどひとつとして同じものは無いと思うと全部見たい気持ちも生まれてくる…笑

これがお芝居の世界…

ドラマや映画を見るより、本を読むより生々しく、痛く刺さる、そんな強すぎる世界でした。

これはハマる人はハマる(ハマりそうな私)。

そして本来のストーリー上のラストをみてやるせないような、苦しいような気持ちになったあとに上映された監督や演者の願う世界をみて、本当に大切に大切に舞台を作り上げていたんだなあとあたたかな気持ちがあとに残りました。

私は1日で同じストーリーの2つのエンディングをみて、どちらもありえる世界、そのどちらを選ぶかは私たちの生き方しだいで、どうやって生きていくかを決めることは私達の責任の上にあるんだ、という気持ちになりました。

 

 

資本主義の社会である以上、生きていくにはお金がいる。

貧乏人も金持ちも同じように金を払い、生きていかなければならない。

警察すら大切にしない正義が存在し、信じられるのは自分だけ。

自分の責任においてすることとそこに存在する友情のありがたさと難しさ。

人間関係の複雑さ。

きっとそんな複雑で汚くて嫌気がさす世界を表現しようと思ったんだろうと思うと、この世界が愛おしく思えました。

こう思っているのは私だけではない、苦しんでいるのは私だけではない、だからがんばれとはいわないけどなんとか生きていけばいいんだというこの世界で生きていこうかなという気持ちで家に帰ることができました。

 

こんなキラキラする世界をみるきっかけをくれた峯岸みなみさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

最初は峯岸をみるために行ったはずが、世界観をすごく楽しんで帰ってきてしまい、峯岸の印象があまりなかった舞台でした笑

 

もちろん峯岸への感想もあるし、ここがよかった、こうしてたらよかったな、こういう思いだったんだろうな、というのはあったし、ほかのキャストさんにもいろいろ思ったのですが、それも含めてすべてが舞台に還元されたすごいセカイだったなと感じました。

またみぃちゃん舞台でないかな~!笑

 

原作をどうぞ。すごい考えさせられる、読んで損は無い作品だと思います。私も落ち着いたら読みます。

 

三文オペラ (岩波文庫)

三文オペラ (岩波文庫)