読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

ピカソとシャガール展@ポーラ美術館

久しぶりに開きます。

いつの間にか開設半年がたっていたようで。

これからもゆるゆる備忘録代わりに書いていこうと思います。

 

さて、今回の旅は箱根でした!

 

ピカソシャガール展!!

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233530j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233538j:image

 

新宿から高速バスに乗り2時間3時間…

遠くはないのでこれからも箱根くらいなら来れるなあと思ってしまいました。

よっぽどのことがない限り当日30分前に高速バスのチケット取れることも分かったので(寝坊しました)ますます私の弾丸旅の候補に挙げられてしまいますね…

 

そんなピカソシャガール展ですが、圧巻というかさすが大巨匠…!って感じの展覧会でした。

ふたりは憧れであり、想いを共にする同士であり、ライバルで、もうおおおおお!って感じでした。

故郷への思い、反戦の願い、愛のモチーフ、似たようなテーマや思いで書いていた二人はそれでいても作風が似ているようで違って、人間の生み出すものってすごいなあって改めて思いました。

 

ユダヤ人で、活動拠点にしていたパリがナチスに占拠されると、迫害を逃れてアメリカへわたるシャガールの故郷への想い、ゲルニカ空爆され怒りを爆発させたピカソの願い、いろんなことを思ってみてきました。

 

ゲルニカのタペスリ、見てきたんですが、すごい、圧倒されます…

ゲルニカより一回りくらい小さいらしいんですけど、それでもしっかり伝わってくる悲痛さとか、重さというか、胃とか心臓が痛くなる絵でした。

目に入った瞬間鳥肌が立って後ずさっちゃったくらい。

一生のうちいつかは本物を見にソフィア王妃美術センターに絶対に行きたいです…

 

そして!

実はこちらがメインだったのですが!

 

原田マハさんのトークショー『いまこそ「ゲルニカ」の話をしよう』を見てきました…!

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233621j:image

そもそもポーラ美術館15周年記念特別展として「ピカソシャガール展」を企画していたポーラ美術館がゲルニカのタペスリを準備しているころに『暗幕のゲルニカ』を原田マハさんが出したらしく、、、

そもそもポーラ美術館と原田マハさんは結構仲良しで、企画展の評論みたいなものを書いたり、いろんな企画展を見に来ていたらしくて、ぜひゲルニカのタペスリの前でお話してもらおう!と企画されたものでした…!

3月の末くらいに何とか券が取れたのでウキウキこの日を待っていたのでした!

 

原田マハさんも公演の中で絶賛していたので、ぜひポーラ美術館の「ピカソシャガール展」行ってください!箱根だけど!

「本当は仲いいのか悪いのかわからないような二人の関係をうまくまとめてるいい展覧会です!」だそうです!

 

そんな原田マハさんのトークショー、、、お話が上手で素敵な機会をありがとうございましたって感じでした。

ピカソに強い思い入れのあるマハさんの視点からの「暗幕のゲルニカ事件」の話とか、『暗幕のゲルニカ』を書いた思いとか、すごいたくさんお話してくださって、最高~!しか言えませんでした…

ちゃっかり暗幕のゲルニカにサインしてもらったので一生の宝物です…

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233555j:image

本当にすごいマハさん好きで、いろんな本読んできたから本当にうれしかった…

これからもたくさんお話読みたいです…

 

ゲルニカの「平和」への想いが伝わりすぎて、すごすぎる絵なんだと、そんな絵が存在する世界に生まれてよかったと、そう思います。

美術では、小説では、音楽では、芸術では、世界を変えられないかもしれない

「でも何かを訴えることはできる」

そんな強いメッセージを伝えるこの絵があって本当に良かった…

今この世界ではテロの恐怖におびえている人も、何も考えずにぬくぬくと生活している人も、明日生きるので精一杯でそんなことを気にしている余裕がない人も、今まさに死ぬよう人もいるわけで、でもそんな人たち全ての人の希望になれる絵だと思ったわけ

絵は暗いし、怖いし、正直何かいてあるのかよくわからないし、悲しい絵だけれど、そんな絵が私達の生活に知らないところで何かを訴えていて、変えようとしている

ピカソの想いよりもすごいことになってしまったこの絵がいろんな人の想いも吸い取っていまこの世界に存在しているって思うとなんでも乗り越えられるような気がします。

 

あと個人的には暗幕のゲルニカ事件の数か月後に印象派の展覧会を企画した人が、ホールに印象派の作品ではないゲルニカのタペスリを飾って、その横に暗幕のかかったタペスリの前でイラク爆撃を発表するパウエル国務長官の写真を置き、「この会見で誰が、何のために、暗幕をかけたのか。その答えを誰も知らないし、答えられない。ならばその暗幕を私がはがすまでだ。」ってメッセージを送った人がいるらしく、イケメンすぎて死にそうになった。ってのを報告しておきたかったです。現場からは以上です。

 

本当に最高な週末でした…

原田マハさん本人が言っていたけれど、ゲルニカのタペスリの前で講演をするなんて機会一生に一度あったらすごいことなので、そのすごいことに立ち会えてよかった…

お話するマハさん本当にかっこよかった…

これから頑張って就活ライフに戻りたいと思います…

井上由莉耶さん卒業発表

私の大好きで大好きで大切でいきる意味だった井上由莉耶さんが卒業を発表しました…

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043803j:plain

 

最初見つけたのはいつだったんだろう、確か加入してすぐぐらいの夏、由莉耶ちゃんがあげたこの写真を見て、「この子は全力で推すに値する、本当にかわいいアイドルだ!絶対に選抜に押し上げたい!!」って思ったのがきっかけでした。

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044055p:plain

ずいぶん昔のスクショですね。まだ4S使ってた頃のだ…ググたすの写真保存できないからスクショしてそれをトリミングしてたのにパソコンに保存したらトリミング戻ってしまったみたい。

本当にかわいくて、優しくて、セルフプロデュース能力が高くて、本人も言ってるけど「みんながやらないことをしたい」って思っていろんなことに手を出していく、そんな姿は、やっぱりファン想いで素敵な女の子でした。

 

そんな彼女が加盟してから5年が過ぎ、中学1年生だった女の子は今や高校3年生。

大学進学のためにたくさん勉強したい、そんな思いでの卒業。

正直、心のどこかで覚悟はしていたはずなのに、受け入れられない自分もいます。

本当にもう会えなくなってしまう、遠くから眺めることもできなくなってしまう、そんな恐怖でいっぱいです。

でもぐぐたすで、「芸能界に残るつもりがないのなら、ここで夢を見る時間は終わり」ってきちんと前を向いて進んでいこうとするゆりやちゃんのひたむきな姿と、「今まで私を上に押し上げようと頑張ってくださった皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱい」っていう卒業発表での言葉は、ゆりやちゃんの本質を表しすぎていて…

やっぱり最後までゆりやちゃんらしさを貫いてくれるのは、オタとしてはありがたいし、うれしいし、最後まで好きを募らせてくれるし、大好きだし、もう、応援するしかないじゃんって気持ちになります。

大好きすぎたから、涙は止まることを知らないし、切ないし、ティッシュが足りないけど、ゆりやちゃんの出中を一生懸命押して、ゆりやちゃんが素敵な大学生になれる日を応援したいと思います。

 

応援した過ぎるアイドルでした。

どこかいつも一歩引いたところがあって、同期が選抜でセンターをしたり、結果をたくさん出したりしている中、大切な公演でメンバーに選ばれない、初日公演、千秋楽公演に出られない、同期での序列もいつも後ろのほう、かわいいのに前に出られない。そんなことも悔しがりながらどこかで「仕方ない」って思っていそうなところがありました。そんなゆりやちゃんだから、初日公演に選ばれても落ちたメンバーの気持ちを考えてどこか喜べない、そんなところもあるかわいい子でした。

優しくて、競争に向いていない。そんな印象の強い子でした。

でもいつからか、「ここでやっていくには主張しなければいけない」と思ったのか、自分の意思をちゃんと見せてくれるようになりました。

「ラビリンス企画頑張りたい」「グラビアしたい」「この企画でがんばりたい」「選抜に入りたい」「総選挙で圏内に入りたい」

そんな少しの言葉が本当にうれしくて、私達オタクはゆりやちゃんについてこれました。

沢山のことを求めすぎたのかもしれません。

今年のゆりやちゃんは少しいつも引き気味で、いいのかなって思うこともありました。

きっとゆりやちゃんの中ではこのタイミングでの卒業は心の中で決まっていたことなのかもしれないなあって今になってみると思います。

たくさんHKTで感じたことをこれからの人生で糧にして、時々思い出すような素敵な思い出になっていたらいいな。

ゆりやちゃんの人生だから、応援していくよ。

 

たくさんのメンバーに愛された素敵な女の子でした。

いろんなメンバーとの今日のツーショでも目を真っ赤にしたゆりやちゃんと写ったメンバーの表情からもゆりやちゃん愛されてるなあって感じます。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412054617j:image

なっぷ。

キャプテンなってからもたくさん試練あったね。 

ゆりやちゃんのこともいつも気をかけてくれててありがとう。

これからもチームHを引っ張ってくれることでしょう。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412054735j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170412054740j:image

ぴーちゃん。

2期生としてたくさん辛いことも一緒に乗り越えてくれたね。

一緒に選抜入って、素敵な思い出になったね。マイペースなところも大好き。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412054902j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170412054913j:image

めるちゃん。

きっとセンターしたりたくさん悩むこともあったと思う。

人懐こくて、いつも笑顔でみんなといてくれるからわからないけどきっとたくさんの葛藤があったよね…

なんか相談があったらゆりやちゃんに一番に聞いてたって意外だったなあ…

ゆりやちゃんは影でもたくさんの人を支えてたんだね。素敵。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412055059j:image

なつみかん。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412055119j:image

はづきちゃん。 

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412055134j:image 

りこぴ。

きっとりこぴともたくさんいろんな想い共有したんじゃないかな。

一緒に辛い時を乗り越えてきたもんね。

 

そして。

f:id:kaaaaaoruuun:20170412055231j:image

まりり。

私は初期からゆりまりが大好きで、今日も発表中のまりりの表情をみてたら泣いてしまった…

たくさいろんなこと共有して仲良しだったメンバーだもんね。

 お互いを高め合う姿、本当に大好き。

f:id:kaaaaaoruuun:20170412055526j:image

ゆりまりは永遠。

 

ゆりやちゃんのおかげでここまで生きてこれました。

ゆりやちゃんはいつも前向きで、わたしに力をくれて、心配そうなことも何とか乗り越えてて、素敵な人でした。

私はゆりやちゃんが少しずつ成長していくのを見て、私も追いつけ追い越せで頑張っていこうと思ってきたし、そのおかげで私も成長してきたと思ってる。

辛く苦しい時も私に力をくれたから、ゆりやちゃんに力を分けてあげられるように、次会う時までにしっかり笑ってゆりやちゃんの背中を押せるように心を整理しておこう。

 

ゆりやちゃんの卒業発表での涙は、本当にきれいで、本当に切なくて、本当比儚くて、かわいくて、優しくて、暖かい涙でした。

あんなに泣いている姿を見たことがなかったので、胸が締め付けられて、動けなくなるかと思いました…

本当はもっとHKTにいたいと思っているのかもしれない…でも大学に行くためにはけじめをつけたいから…HKTが大好きだから…そんな思いが見え隠れする卒業発表でした。

お嬢様だから、ご実家もいろいろ心配してたんだろうな。

お父さんお母さんお兄さん、素敵な女の子に育ててくださって、見守ってくださって、本当にありがとございました。って感じ。

ゆりやちゃんがゆりやちゃんに育ったのはご家族の想いが大きいと思うな。

何度かshowroomでゆりやちゃんのお母さんが声とか姿だけ登場してたことがあったのだけど、それを見ても素敵なご家族だなって思ってた。

本当にいい人たちに囲まれてゆりやちゃんは作り上げられたんだろうな。

 

やっぱり卒業は切なく寂しいものだけど、「卒業は出口じゃなく入口」なので新たな世界へ飛び立つゆりやちゃんを一生懸命応援したいです。

あ~卒業公演入りたいな~

ラスト握手会いつになるんだろう…

いろいろ心配はあるけど、最後の最後まで応援し続けるぞ~!

 

沢山の素敵な思い出をありがとう…!

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043849j:plain

このツアー衣装、本当にかわいくて大好きだった。

この頃からゆりやちゃんの魅力が爆発しだしたなあ。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044201j:plain

I4Uのみんなとの企画、楽しそうで本当に毎回楽しみだった…

心を許したみんなでのお話とか、LotteのCMのやつとか、生き生きしてて楽しそうで、これからも仲良くやってほしいな

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044235j:plain

ラビリンス、一生懸命頑張ったね。

ゆりやちゃんの主戦場って感じで、本当に強かった。

2年連続でCMセンターとか、ラジオとか、グラビアとか、たくさん一緒に戦えたのは本当に誇りでした。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044244j:plain

この写真見たときは本当にずるいと思った。(笑)

SSAで運動会してたのも楽しそうだったなあ。

あの時送り出した仲間たちも、みんなそれぞれの場所でがんばってるんだろうな。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044148j:plain

どんなゆりやちゃんも可愛くて素敵で、大好き。

結構お嬢様ファッションが多くて、いつもにあってていいなあ可愛いなあって思ってたよ。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044132j:plain

3周年公演かな?特別公演で初めてユニットもらってそれがI4Uの『ガラスのI love you』ですごくうれしそうだったし私もうれしかったなあ、、、

遠い昔のようだ、、、

これから登っていくところだ!行くぞ!って感じだったし、ほんと希望に満ち溢れてたなあ…

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044117j:plain

ゆりやちゃん、自撮りするといつもこの角度だったなあ笑

ゆりやの角度とか言われてたけど、なんかこの角度のゆりやちゃんを見ると安心してました。

魅力はこの角度じゃなくても伝わるけど、この角度を見るとゆりやちゃんの決め顔が見れるからほんとに幸せだった…

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412044010j:plain

この衣装の写メ会も参加してゆりやちゃんに魔法かけられてかえってきたなあ…懐かしい、、、

いつでも天使だったけど、近くで見ると想像以上に細くて、かわいくて、すべすべで、美しくて、儚くて、感動するんだよなあ…

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043948p:plain

ゆりやちゃんといえば綾巴ちゃんってくらい、本当にりょうはちゃんのこと好きだったね。

ふたりとも美人さんで、かわいくて、握手会とかで2ショットとるたびに目の保養でした。

ラビリンスとかで特別カード作ってもらってたのはほんとほほえましかったし、綾巴ちゃんのことで一喜一憂するゆりやちゃんは本当にかわいかった。

囲み会かなんかで綾巴ちゃんとおそろい制服で放課後コレクションっぽいのしてたのも可愛かった。ほんと好きだなあ…

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043933j:plain

はじめは小さくしか踊れなくて、あんまり目立つこともなくて、ぱっとしないゆりやちゃんだったけど、いつからか自信もって大きく踊れるようになって、いろんな人から評価されて嬉しそうにしてたのも可愛かったなあ。

さっしーに「横アリで一人大きく踊ってていいなって思ったの誰かと思ったら由莉耶姐さんだった。」って言われてたの喜んでるゆりやちゃんみて、正当な評価だよ素敵だよって思ってたよ。

なんだかんだ言ってさっしーにもたくさん気にかけてもらってたなあ。

ありがとうりのちゃん。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043924j:plain

どんなときもファンとともにあったゆりやちゃん、そのファンサービスのすごさはやっぱりゆりやちゃんだからなのかなあって思いました。

ゆりやちゃんらしさってこういう優しさあふれるところにあったね。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043902j:plain

ゆりやちゃんといえば猫ってくらい猫好きなゆりやちゃん。

クールでデビルな黒猫系ゆりやちゃん、本当に愛おしい。

ねこちゃんたちと仲良くね。

これからなにか不安なことがあってもゆりやちゃんならきっと大丈夫だって信じてるよ。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060622j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060734j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060826j:image

総選挙48位もゆりやちゃんと一緒に掴んだ最高なポジションだね

48って数字はグループにとってとっても大事な数字だし、偶然でもそのポジに入れたのは運命だったと思う

こうやってキラキラ輝いてるゆりやちゃんの姿は、本当に素敵だったしこれからも変わらず輝き続けるんだろうね

その姿が見れないのはさみしいけど、ゆりやちゃんらしく頑張ってくれればそれで私は幸せだなあって思うのです。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060223j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060237j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060258j:image

初選抜『最高かよ』選ばれた時は本当に嬉しかったなあ

ゆりやちゃんの努力がやっと報われた!ってガン泣きしてよろこんだなあ

どこでパフォしててもゆりやちゃんはゆりやちゃんだけど、素敵なゆりやちゃんを改めて見られたことは本当にオタクとして幸せの極みだった

Mステに出演する!ってなった時も最高だ!って思ったし、合宿中ゆりやちゃんの出演見るために全力ダッシュして宿に戻ったのも懐かしい…笑

本当に、ゆりやちゃんはいつもわたしを楽しませてくれたね。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412060038j:image

たくさんの後輩に囲まれて楽しそうなゆりやちゃんも大好き。

すっかりお姉さんだもんなあ。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412055844j:image

USJ爆レスもらったり、サインボール手渡しでもらったりは人生最高の瞬間だったなあ…

ほんとゆりやちゃん可愛かったし優しかったし最高だった…

一生の思い出をありがとう。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412043954p:plain

ゆりやちゃんの明日が幸せであふれますように。

 

ゆりやちゃんのさらなる飛躍を祈ってます。

最後に。ゆりやちゃんだいすき!!!

 

plus.google.com

ゆりやちゃんのぐぐたすです。泣ける。

ミュシャ展@国立新美術館

行ったのは3月の半ばなんですけどね…

どうも最高すぎて「最高!」しか言ってた記憶ないです…(笑)

 

入って一発目の絵がフライヤーとかチケットの絵だったんですっげえ土器もを抜かれたんですけど、

 

でかいのと綺麗なのと引力がすごいのとでもう鳥肌がとまらず…

最初の一枚だけ10分くらい立ち止まって見てしまいました。

 

最初のスラブ叙事詩20作、永遠にでかいのと強いのとすごいのとで何も言えなくなっていました。ほんとに。

描かれている人の眼力とか、色の深さとか、表情とか、もう~って感じで、すごい、言葉にできない。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170412054400j:image

写真撮れるコーナーがあったので…すごい大きさと混み具合ですね笑

 

スラブ叙事詩のコーナーすぎると、ほんまかわいい絵ばっかりで、私あんまり美術展前に予習しないタイプの人間だけど、勉強して来たらもっと楽しかったのかもしれねえ~!くやしい!って本気で思った。

まずミュシャという画家について知らな過ぎてもったいないことしたなあと。

なんやあの可愛いカードキャプターさくらのクロウカードみたいな絵柄は…

オタクの心に突き刺さりました。

 

そしてデトロイト美術館展でもそうだったんですけど、私の欲しい絵のポストカード化されないという才能を発揮してしまったので、怒りの図録購入しました。

この課金がまあ素晴らしい絵を日本に連れてきてくれることを信じていますよ。

原田マハ『翔ぶ少女』

お久しぶりです。

就活三昧で強いかけている私ですが、なんだかんだと生きています。

最近は都会に行くことにもまれて、(同じ東京のはずなんだけどなあ)東京来がてら美術展行くかあ…なんてことも。

これも更新しようと思ってたのにすっかり忘れてたやあ。連続エントリーしよう。

 

さて今日はまた原田マハですかと言われそうになりながらも。

だってだってさ、よすぎたし心を発散しないと生きていけなそうだし。

こういうのはすぐ吐き出さないとすっきり寝られないもの。

 

原田マハ『翔ぶ少女』

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170408034242j:plain

これまた死にそうになりながらも心が現れる素敵なお話。

 

テーマが阪神淡路大震災ということで、暗い空気感から始まって、私は危うく死ぬところでした…

そもそもイッキくん、ニケちゃん、サンクちゃんっていう兄妹が両親を震災で亡くすところから始まるのがもう死んだって感じで。

そこにゼロ先生って呼ばれる心療内科の先生が通りかかって助けてくれて一緒に暮らし始めて…

もうね、こんな素晴らしいお話があってたまるんかって感じ

みんなが心に傷を負ってることを前提に進んでいく、苦しくてあったかくて、もう…もう……!!!

 

何も感想が書けませんでした。

 

解説読んで、著者の想いとかをまたかみしめて、明日からも頑張って生きようって思える最高なお話だった…

 

とりあえず就活頑張ろう…

 

 

([は]9-1)翔ぶ少女 (ポプラ文庫)

([は]9-1)翔ぶ少女 (ポプラ文庫)

 

 

6年目の話

お久しぶりです

 

もう三月もこんなところまで来てしまったんですね

私はようやく就活と向き合い始めて、一生懸命パソコンポチポチしたりESのネタを考える毎日を過ごしています。

 

3月というのは何とも落ち着かない気持ちになる月ですね。

急に暖かくなったり、蕾が膨らむ花々に心を躍らせたり。

光の色も変わり、柔らかな空気に包まれる、春の足音が少しずつ聞こえる、優しさにあふれた月ですね。

高校までのいろいろな思い出を振り返っちゃったりしちゃうのも、卒業式やいろいろなイベントがこの月に集まっているからなのでしょう。

 

三月は出会いの季節でもあり別れの季節でもあり、私にとっては忘れられない月です。

 

 

あの日以来、妹はきくらげが食べられなくなりました。

なぜかうちに大量にあったきくらげが、あの日以来毎日1か月以上食卓にスープとして出ていたからです。

何ともあほらしい理由ではありますが、それだけ大きなトラウマなのだそうです。

 

あの日以来、私はそれまで自分の部屋だった場所で寝ていません。

窓ガラスが割れ、その日からしばらくはリビングに寝て、引っ越しをして、実家が戻った時には私は大学生になり、その部屋は兄の部屋になりました。

そのころ一緒に寝ていたプーさんのぬいぐるみ、いつの間にか私のそばにはいません。

 

情報が途切れるのが不安で、リビングにみんなで布団を敷いてテレビをかけたまま数日寝ていたので、今でもテレビをかけたまま眠ると不安な気持ちになります。

寝る間際に目に入った火事の映像は今でも鮮明に思い出せます。

真っ暗な中に赤、オレンジ、黄色の光のある光景は、ただただ私を不安にさせました。

 

毎年この周辺になると、漠然とした不安に包まれたり、体調が悪くなるようになりました。

私の人生を変える決定的な出来事をいまだに受け止められずに、地元に残る傷跡を直視できずに、6年が経ってしまいました。

人生が変わることは決して悪いことだけではないと思います。

私はまだ生傷として残るこの出来事を受け止めきれないけれど、痛みを抱えたから出会えた人もいるし、気づけたこともある。

痛みは、傷は、苦しみは、ない方がいいに決まっている。

でもどうしても引き受けなければならないなら、そこに何かの意味を見いだすしかない。

そうしていつか、この痛みや傷や苦しみが、かさぶたになり、傷跡になり、思い出になり、優しく触れられるようになった時に、そのことをまとめて振り返って「こんなに時間が経ったんだな」って思い返せればいいんじゃないかなって。

 

 

忘れちゃいけないなんてみんなは言うけれど、究極をいえば忘れたっていいと思う。

毎年この日が来て、苦しくなって、泣きたくなって、孤独を感じて、そんなことに意味はない。

忘れちゃいけないのは悲しみじゃない。

 

今日できることは明日できるとも限らない。

今日会えた人に明日会えるとは限らない。

今日しなかったことを明日公開することすらできないかもしれない。

そんな当たり前のことを思い出す、私にとってとても重要な日です。

 

精神的に弱いのですぐメンブレを起こしてしまうけど、私は今のところ元気に生きています。

ただ生きていればいい、って思えるのも今日があるからかな。

 

 

6年ってすごく長くて、すごく早い。

生まれたばかりだった子は小学生になる。

小学1年生だった子は小学校を卒業する。

高校1年生だった私の同級生は大学を卒業して就職する。

 

いろんなことがあった。

何もかも投げ捨てて消えてしまおうかと思ったこともあった。

でも生きてるだけ十分。

 

 

今日NHKのニュースを見ていたら画面の下のほうに東北3県からのコメントが紹介されていた。

福島県の人のコメントに「宮城県は頑張っていると思う。」というコメントがあってすごく胸が痛んで、案の定メンブレを起こした。

同じように地震にあって、被害はむしろ宮城県のほうがすごくて大変なのに、福島県はだめみたいな言い方に聞こえてしまうんだろうって。

 

私の故郷は確かに宮城県岩手県と同じように復興していったのでは壁にぶつかる理由がある。

信用されない、避けられる、はれ物扱い、そうなる理由がある。

私の家が近いわけではないので直接何か被害があるわけではなくても、もう思い出の場所に行くことができない。

それだけだってかなり精神的に厳しい。

でもマイナス思考になったりしたって意味ないなって最近思うからさあ、福島も頑張ろうよって気持ち。

いや、なんか頑張ろうよっていうより希望を持とうよって感じか

誰を責めても仕方ない。

起こってしまったことを悔んでも仕方ない。

 

私はたぶんこの6年間、あの後すぐ逃げるように地元から離れたことをすごく後悔していて、みんなが頑張って乗り越えているのを見て応援することしかできないのが辛くて、なんならこのまま死んでしまった方がいいなあとすら思っていたし、きっとこれからも、あの日の決断がどうしてもそれしか選択肢がなかったと理解していても、悔やみ続けるんだと思うけど、福島は私の大事な故郷なので、これからと向き合い応援していこうと思います。決意表明。

 

7年目に向かって私はこれからも向き合い続けるけどできるなら忘れたいと思った6年目でした。

ユーリ!!! on ICE の話

少しずつみたアニメ整理するために見てきたアニメを書いていこうと思います。

忘れないうちに秋クールに見てたヤツは書ききりたい。

 

そんなこのカテゴリーはじめの記事はすごいいろんな意味で話題をかっさらっていったこのアニメ。

『ユーリ!!! on ICE』

 

TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」公式サイト

 

 

本当にね、このアニメずるい。

ワシはアニメ好きでありフィギュアスケート好きでありもうこのアニメはやばい(語彙力)

だってだって、かっこいいロシア人ふたりとかわいい日本人ひとりが本気でスケートしてるところを軸に話が進んでくんやで!?

サブメンバーとして出てくる他国の代表選手たちも本当にいいキャラで、可愛い表情と懸命なスケートシーンと豊かな表情で、これ好きになるなっつー方が無理あるわ

スケートも本格的だし番組のつくりとかも本当にフィギュア中継してんの!?みたいなすごさあるし本当に丁寧に作られててまじで感動する

f:id:kaaaaaoruuun:20170121234026j:image

↑この煽りとかほんまにGPFかと思うくらい

 制作側の本気と愛がめちゃくちゃ伝わってきてガン泣きした

 

ここで突然の登場人物紹介

主人公:勝生勇利くん

f:id:kaaaaaoruuun:20170121232017j:image

超可愛い日本男子フィギュアスケート唯一の特別強化選手23歳(彼女いない歴=年齢)。

ほんまかわいいの一言。

すべてぶっ込んでくれる。

ヴィクトルに憧れすぎて愛犬の名前ヴィクトルにしたりところどころぶっ飛んでるけどスケート一筋ですごくよい

彼の好きなところはあまり周りに興味無いところ。

自分に集中しすぎちゃうところ。

努力家すぎるところ。

ヴィクトルオタクなところ。

プレッシャーに弱いくせに負けず嫌いなところ。

本当に表情豊かなところ。

本当にいいキャラクター。すき。

 

主人公のコーチ:ヴィクトル・ニキフォロフ

f:id:kaaaaaoruuun:20170121232454p:image

この世界でのスケートの神。

リビングレジェンドとかいう厨二病みたいな二つ名がついてる。

人を驚かすのが趣味。

でも勝ちすぎてすごいことやりすぎてみんながちょっとやそっとじゃおどろいてくれなくなって悩んでる可哀想な人。

青い綺麗な瞳に吸い込まれそう。むしろ吸い込まれたい。

私のけーたいの待ち受けはヴィクトル・ニキフォロフさんの目(気持ち悪い)

ひょんなきっかけから選手を休業して勇利のコーチになる。

どエロい。(cv.諏訪部順一)(最高)

すぐ全裸で勇利を口説く。

f:id:kaaaaaoruuun:20170121233546p:image

なんも考えてなさそうでめちゃくちゃ考えてる本当にすごいひと。

 

主人公のライバル:ユーリ・プリセツキー

f:id:kaaaaaoruuun:20170121233004j:image

本当に美しいロシアンヤンキー。

この美しさで若干15歳とか将来が楽しみすぎる件について。

同じ名前の勇利がグランプリファイナルでめちゃくちゃひどい演技してるのを見て「来年俺はシニアに行く。『ユーリ』は2人もいらない。才能ないやつは引退しろ」とまで言う。

ツンデレさんなんだよねわかるよ(ニッコリ)

エメラルドグリーンのお目目が綺麗すぎてかわいすぎる。

最近はユーリさんのグランプリファイナルのFSの髪型をリスペクトして自分のヘアアレンジをしているくらいユーリさんすき。

f:id:kaaaaaoruuun:20170121233340j:image

ジャパニーズ勇利との区別のためロシアンユーリは「ユリオ」とあだ名がつくのですがそれも愛おしい。

髪型ハーフアップとかするし反抗的な顔もするしかわいすぎる。好きすぎる。

f:id:kaaaaaoruuun:20170121233502p:image

 

そんなユーリ沼にズルズルハマってしまった私ですが、みんな愛おしすぎてやばいです。

本当にこれ見ただけで息できなくなるくらいすき

f:id:kaaaaaoruuun:20170121233741j:image

魅力的なキャラしかいない。

僕の好きな他国代表選手はピチット・チュラノンくんです。

勇利の昔のリンクメイトでめちゃくちゃいい子。

くそかわいいし。

f:id:kaaaaaoruuun:20170121233904j:image

 

勇利の心の弱さを克服するところから始まり、3話で鳥肌が立つようなタイトル回収、そこからスポーツ選手としての葛藤、ホモ、友達を思う気持ち…本当に何を語っても最高としか言えない…

 

本当にどこをとっても大満足アニメすぎてロスから抜けられない…

青春であり、スポ根であり、感動ものであり、ギャグであり、成長と挫折の話であり、愛の話であり、優しさの話であり、もう何も考えられない…

本当に最高なアニメに出会えた…って感じ

2期を待ちすぎてろくろ首より首が長くなった

 

何も整理できてないけど最高アニメだった。

 

デトロイト美術館展@上野の森美術館

あっけましておめでとうございます

今年も元気に生きていきます

 

さて今日はデトロイト美術館展最終日でした

行きたかったのにすっかり忘れていた私は大好きな原田マハ氏のついっとのおかげて思い出して

 

 

慌てて行ってきました…笑

f:id:kaaaaaoruuun:20170121223751j:image

 ホール入ってすぐ、デトロイトの街並みとデトロイト美術館を映した映像が流れていて、高校時代デトロイト付近に留学していた私にとってすごく懐かしくあたたかく、また行きたいなあと思って少しノスタルジックでした 笑

 

最終日だからなのか、それとも印象派の人気どころの名前によるものなのか、とても混んでいてみにくいとこもあったことにはあったのですが、美術館ってやっぱりいいなあ、心洗われるなあと改めて感じました。

美術に関してはからっきし分からないのですが、 本当に絵を見ると心の洗濯って感じですね(語彙力)

わからないなりにすごく楽しい1日でございました。

 

わからないわからないと言いつつ、原田マハ氏の本により少し画家の人柄や絵のタイプを本当にぼんやりと知ったような感じなので、過去の展覧会とかで読んだ注釈を思い出したりそういうのを思い出したりしながら絵を見るのは本当に楽しかったです

この人らしい絵だなとか、この人こんな絵書けるんだとか、そういうのが本当に楽しいです。最高。

 

印象に残った絵をみっつほど。

ひとつめ。

エドガー・ドガ『楽屋の踊り子たち』

この人の絵らしい暗い茶色いベースにぼんやりとバレリーナがいるのをみるとなぜか心がほっとします。

何を書いたわけでない、バレリーナ達の楽屋風景なのにどこか懐かしくて好きです。

この人のバレリーナの絵が好きなのかも。

ふたつめ。

パブロ・ピカソアルルカンの頭部』

何この美少年!ってビビりました。

ピカソってぱっきりした線で描いているイメージあったのでこんなほわんとした絵も書けるんだ…!ってびっくりした意味もありましたが。

この美しさは本当に衝撃でした。

こんな美少年どこで見つけてきたの…?犯罪…?ってくらい笑

みっつめ。

オスカー・ココシュカ『エルサレムの眺め』

正直この画家さんの名前は初めて聞いたのですが(恥ずかし)、その分変な偏見なく見られたのでよかったのかも知れません。

この美術展一の衝撃で、絵の前からなかなか動けませんでした(迷惑)

壮観。って感じで言葉になりませんでした。

どの角度から見てもすごい差し迫るものがあって、何も言えなかった(語彙力)

エルサレムという土地の不思議な力かもしれないなと絵を見た後に題名を確認して思いました。

この絵のポストカード絶対買うマンと化した私でしたが、ミュージアムショップに寄るとポストカードとして存在しておらず、怒りの図録購入を果たしました。

美術展いってほしいと思った絵がポストカードになってない現象本当になんなんだろう。悲しい。

私が欲しいと思うのことごとくポストカードにならない。

 

そんな心の洗われる素敵な午後を過ごしました。

 

帰り際上野を散歩するのも上野に行った時の定番になりつつありますが今日は寒すぎて早めに切り上げました。笑

国立博物館前の広場に水でお絵かきおじさんがいてめっちゃかわいい絵書いてた。感動した。

f:id:kaaaaaoruuun:20170121230207j:image

でもカップルに「お姉さん、お兄さん、なに座?」とか「お姉さん、お兄さん、なにどし生まれ?」とか聞いてその絵を相合傘して遊んでたのにひとりでいた私をガン無視したので許せない。笑

カップル諸共爆発してほしい。笑

 

上野大佛も発見したので危ういロシア語の単位を落とさないようにお願いもしておきました。

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170121230348j:image 

 

なんか災害とか戦争とかで顔しかなくなってしまったけど、これ以上「落ちない」ということで受験生に人気らしい。

お母さんかな?って思われる世代の人がお願いしにきてて心の中でそっと「がんばれ」って言っておきました。

 

いやーよい1日でした

明日はテストの勉強します(明日っていう人は絶対明日もしないの法則)