読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

原田マハ『一分間だけ』

今日も今日とて原田マハオタクします。

これは今日読んだ本。けーたいが死んでるとすることなくて本読んじゃうね。オタ活はかどる~笑

 

さてそんな本日の一冊は原田マハ『一分間だけ』

 

f:id:kaaaaaoruuun:20161017221310j:plain

 

可愛い表紙にも登場するわんちゃんとその飼い主の命の物語。

これが泣けるんですよまじで。てか私原田マハの話で泣いてない話ないんでは…ってくらい全部で「泣けるんですよ…」って書いてる気がしてきた

 

結果本棚見たら全部で泣いてる

原田マハオタク気持ち悪いなあ…

 

まあそれはさておき、このお話、とってもお利口なゴールデンレトリーバーのリラちゃんとその飼い主、そしてその周りの人の関係で進んでいきます。

 

リラちゃんの飼い主さん、雑誌の編集さんでバリキャリの女の人です。

同棲している彼氏さんはコピーライターなんだけど自由気ままに過ごしてる感じ。

そして二人の生活は良くも悪くもリラちゃん中心に回っていくのでした…

 

この話、どこまでも苦しく、あたたかい。

作者の「動物にも大切な一つの命があるんだ、大事にして」っていう強い思いがバシバシ伝わってくるの。

本当に犬が好きなんだろうなって。

私は動物を飼ったことはないけれど、ペットだって大切な家族の一員なんだってすごく強く感じるお話で、やっぱり大事なんだって。

 

読み終わったときに残るのはほんわかした優しい気持ちと幸せな気持ち。

いつもの日常に感謝したい気持ち。

家族に感謝したい気持ち。

 

いろんなことを抱えて今日も生きていく、そんなきもちになれる。

優しいお話。

 

 

一分間だけ (宝島社文庫)

一分間だけ (宝島社文庫)