読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

ゴッホとゴーギャン展!@東京都美術館

美術館

今日は上野にある東京都美術館でやってる特別展「ゴッホゴーギャン展」に行ってきました!

 

f:id:kaaaaaoruuun:20161023201314j:image

 

本当に予備知識ゼロでいったら序論で「ゴッホゴーギャンが一緒に住んでいて」まじか…「悲しい最後の別れを迎えたことはあまりに有名だが」まじか!ってなった笑

それでゴッホゴーギャン一気にやるってことなのね〜って感心しました笑

予習って大事だな笑

たしかにゴッホゴーギャンってあんまり似てないなって思ってなんでなんだろうと思ったんで、これからはなにか疑問があったらググろうと思いました笑

 

そんなわけで展示室に入っていったんですが、美術館の雰囲気ってやっぱり素敵ね

大好きなのですよ

あの静かなのに隣に人のあたたかみを感じるような雰囲気がいいっすね

 

展示自体はゴッホゴーギャンだけでなく彼らが影響を受けた画家たちの絵があったり壁の色が工夫されてたりすごくみやすくて楽しい展示でした。

壁には彼らのお互いの進捗状況やお互いのことを親しい人に綴った手紙の一節が書いてあって、彼らの人格と化が見えたのもうれしかったです。

特にゴッホゴーギャンが一緒に暮らしていた頃の絵の展示室は彼らの家に合わせて黄色かったり、ひまわりの習作があったりして、わって思いました。

ゴッホがなくなってからもゴーギャンは制作活動を続けていて、タヒチに移ったりとかしてたってのもゴーギャンらしいと思いました。

 

好きだったのはゴッホゴッホゴーギャンの椅子を描いたものですね

お互いの象徴的なものを一緒に描いているのもいいなとおもいました。

これがゴッホからみたゴーギャンなんだなあってほっこりしてしまいました。

帰り、展示室出たところにこんなものが笑

 

f:id:kaaaaaoruuun:20161023203206j:image

 

よく似てる椅子見つけてきたなあ笑

これは本当に企画した人グッジョブでした笑

着座OKって書いてあったので座って記念撮影もしてきちゃった笑

 

それから晩年、ゴーギャンゴッホのことを思ってひまわりの絵を書いたというエピソードが心に染みました。

だって一時は一緒に暮らした仲間、劇的な別れではあっても親交は途切れることなく続いて、その人が亡くなった後も思いを馳せるって…!エモい!

展示会の最後がそのひまわりの絵って言うのが本当にエモくてやばかったです。

彼らの関係って感じです。

仲良くしたいのに絵のことについてはお互い譲れなくて劇的な別れをせざるを得ないけどお互いがお互いを想う、そんないい関係だったのでしょうね…

 

そんなこんなで楽しい落ち着いた日曜日でした笑

 

帰りに上野公園歩いてたら、大道芸の人がたくさんいたり、青空コンサートしてたり、文化的な街らしい企画をたくさんしてました。

その中でも一際大きな人だかりの方に吸い寄せられていくと本当にすごいパフォーマーが大道芸してて、夢中になって見てしまいました笑

ああやって生計立てるのも大変だなあと思いつつ、本当に感心しました。

そのお兄さん私と同い年らしくてびっくりしました笑

かっこよかった〜

 

身も心もリフレッシュした日曜日でした◎