ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

もう年末なんですね

どんだけ更新しないのあなた…ってはてなブログからメールが来たのできまぐれに更新する、そんな深夜です。

明日はディズニーなので手早く終わらせたい。

 

そんな私ですが、12月は結構大きな一か月でしたよ、私にとって。

というのも今まで3年間大学での人生かけて頑張ってきた部活とサークル、両方を引退したからなんですけど。

 

部活は体育会系ですごい個人的には大きな挑戦で。

大学に入るまでまったくもって運動に触れずに生きてきて、学校では少し体育がんばればすぐ息切れ、体力テストもいつも中の下、50メートル走れば10秒以上かかる、そんな私が初めて挑戦しようと思った、そんなことを思わせて、応援してくれて、助けてきてくれた部活でした。

本当に自由でのびのびした最高な部活で、仲良くて、楽しくて、部活が終わってもみんなで自主練したり、だらだらしたり、ご飯食べに行ったり、いろんな時間を過ごしてきた大切になりすぎた場所でした。

引退するということは、週四も練習を共にすれば家族みたいな存在になっていた、大好きな仲間たちとさよならをするということで。

先輩たちが引退したときもすごく苦しくて厳しかったけれど、今年が一番きつく感じるのはきっと自分がそこから去っていく、もう会うこともなくなる人がいるかもしれないという恐怖みたいなものもあったりなかったり。

でもそんな存在に会えたことは私の大学生活がここまで間違っていなかったんだってことだなと思うから、胸を張ってこれからを前向きに生きていきたいです。

 

サークルのほうは、実は途中でやめようと思っていた時期もあったくらいで、でもなぜ辞めずにここまでやってきたかと言われれば、それはいわゆる「責任を押し付けられた」からで。

最初は本当にきつくて、嫌いで、やってけるかって思ってたこともあったくらいなのに、続けていくにつれてここまでやってきてよかったと、辞めなくてよかったって思えるまで楽しめて本当に良かったなあと思っている自分にほっとしています。

このサークルはとても外向きで、自分の大学だけではなく普段きっとここに入っていなければかかわれない大学にいる人達とたくさんお話しできる、素晴らしい場所だって思っているので、これからもわたしはここであった人達を大切にしていきたいです。

腐らなくてよかった、腐らせてくれなかったのも、そう思わせてくれたのもここの人達だから、本当に感謝しています。

いろいろ怒ったり文句言ったりしてきたけど、大好きな存在なんだなあって改めて思います。

 

そんなわけで自分の居場所を2個一気に失った12月、とても放心状態で厳しい。

 

でも引退後もたくさんの人が遊ぼうとか集まろうとか言ってくれて、楽しいけどお細部はさみしいです。

これから今期みたアニメの話とか、推してるアイドルさんの話とかちょこちょこ暇つぶしにしようかな。

今年もこんな私をどうもありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

強く生きていこうね。