読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

ピカソとシャガール展@ポーラ美術館

久しぶりに開きます。

いつの間にか開設半年がたっていたようで。

これからもゆるゆる備忘録代わりに書いていこうと思います。

 

さて、今回の旅は箱根でした!

 

ピカソシャガール展!!

 

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233530j:image

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233538j:image

 

新宿から高速バスに乗り2時間3時間…

遠くはないのでこれからも箱根くらいなら来れるなあと思ってしまいました。

よっぽどのことがない限り当日30分前に高速バスのチケット取れることも分かったので(寝坊しました)ますます私の弾丸旅の候補に挙げられてしまいますね…

 

そんなピカソシャガール展ですが、圧巻というかさすが大巨匠…!って感じの展覧会でした。

ふたりは憧れであり、想いを共にする同士であり、ライバルで、もうおおおおお!って感じでした。

故郷への思い、反戦の願い、愛のモチーフ、似たようなテーマや思いで書いていた二人はそれでいても作風が似ているようで違って、人間の生み出すものってすごいなあって改めて思いました。

 

ユダヤ人で、活動拠点にしていたパリがナチスに占拠されると、迫害を逃れてアメリカへわたるシャガールの故郷への想い、ゲルニカ空爆され怒りを爆発させたピカソの願い、いろんなことを思ってみてきました。

 

ゲルニカのタペスリ、見てきたんですが、すごい、圧倒されます…

ゲルニカより一回りくらい小さいらしいんですけど、それでもしっかり伝わってくる悲痛さとか、重さというか、胃とか心臓が痛くなる絵でした。

目に入った瞬間鳥肌が立って後ずさっちゃったくらい。

一生のうちいつかは本物を見にソフィア王妃美術センターに絶対に行きたいです…

 

そして!

実はこちらがメインだったのですが!

 

原田マハさんのトークショー『いまこそ「ゲルニカ」の話をしよう』を見てきました…!

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233621j:image

そもそもポーラ美術館15周年記念特別展として「ピカソシャガール展」を企画していたポーラ美術館がゲルニカのタペスリを準備しているころに『暗幕のゲルニカ』を原田マハさんが出したらしく、、、

そもそもポーラ美術館と原田マハさんは結構仲良しで、企画展の評論みたいなものを書いたり、いろんな企画展を見に来ていたらしくて、ぜひゲルニカのタペスリの前でお話してもらおう!と企画されたものでした…!

3月の末くらいに何とか券が取れたのでウキウキこの日を待っていたのでした!

 

原田マハさんも公演の中で絶賛していたので、ぜひポーラ美術館の「ピカソシャガール展」行ってください!箱根だけど!

「本当は仲いいのか悪いのかわからないような二人の関係をうまくまとめてるいい展覧会です!」だそうです!

 

そんな原田マハさんのトークショー、、、お話が上手で素敵な機会をありがとうございましたって感じでした。

ピカソに強い思い入れのあるマハさんの視点からの「暗幕のゲルニカ事件」の話とか、『暗幕のゲルニカ』を書いた思いとか、すごいたくさんお話してくださって、最高~!しか言えませんでした…

ちゃっかり暗幕のゲルニカにサインしてもらったので一生の宝物です…

f:id:kaaaaaoruuun:20170422233555j:image

本当にすごいマハさん好きで、いろんな本読んできたから本当にうれしかった…

これからもたくさんお話読みたいです…

 

ゲルニカの「平和」への想いが伝わりすぎて、すごすぎる絵なんだと、そんな絵が存在する世界に生まれてよかったと、そう思います。

美術では、小説では、音楽では、芸術では、世界を変えられないかもしれない

「でも何かを訴えることはできる」

そんな強いメッセージを伝えるこの絵があって本当に良かった…

今この世界ではテロの恐怖におびえている人も、何も考えずにぬくぬくと生活している人も、明日生きるので精一杯でそんなことを気にしている余裕がない人も、今まさに死ぬよう人もいるわけで、でもそんな人たち全ての人の希望になれる絵だと思ったわけ

絵は暗いし、怖いし、正直何かいてあるのかよくわからないし、悲しい絵だけれど、そんな絵が私達の生活に知らないところで何かを訴えていて、変えようとしている

ピカソの想いよりもすごいことになってしまったこの絵がいろんな人の想いも吸い取っていまこの世界に存在しているって思うとなんでも乗り越えられるような気がします。

 

あと個人的には暗幕のゲルニカ事件の数か月後に印象派の展覧会を企画した人が、ホールに印象派の作品ではないゲルニカのタペスリを飾って、その横に暗幕のかかったタペスリの前でイラク爆撃を発表するパウエル国務長官の写真を置き、「この会見で誰が、何のために、暗幕をかけたのか。その答えを誰も知らないし、答えられない。ならばその暗幕を私がはがすまでだ。」ってメッセージを送った人がいるらしく、イケメンすぎて死にそうになった。ってのを報告しておきたかったです。現場からは以上です。

 

本当に最高な週末でした…

原田マハさん本人が言っていたけれど、ゲルニカのタペスリの前で講演をするなんて機会一生に一度あったらすごいことなので、そのすごいことに立ち会えてよかった…

お話するマハさん本当にかっこよかった…

これから頑張って就活ライフに戻りたいと思います…