ひとりごと

ただオタクがわめくだけ。

明日、

「また明日ね〜」と言ってもう会っていない友人が何人もいる。

 

もう7年という気持ちと、まだ7年という気持ち、どちらもが共存している。

そんな7年目の今日、握手会があってよかったと思った。

 

今回の握手会日程が発表された時、私は「遂にこの時が来てしまったのだ」と思った。

3月11日に握手をする。

それは被災地訪問をしないということで、もう震災からは立ち直ったという判断なのだろうかと思ってしまった。

まだあの日から来ることのない「明日」を待っているのは私だけなのかなと

 

明日を生きている保証はないなと痛感する出来事が人生に起きるとは考えてもいなかったあの日、平和で無知で子供だった私はまだあの日から動けずに子供のまま

教科書に載ってしまうような出来事に遭遇するなんて想像もできなかった能天気で考えなしな世間知らずは歴史を切り取って語り継ぐこともせずヘラヘラとしている道化師のまま

とてつもない変化を痛感した節目の今日すら「明日からも変わらない毎日を過ごす」と信じ切って過ごしている

 

この時期になるとやはりなんとも言えないやるせない気持ちになる。

わたしはあまり「もしも」を考える意味はないと過去を後悔したりやり直したりしたいと思うことはない人間だけれど、この日だけは「もしあの震災がなかったら」を考えてしまう。

あの日の私の、家族の悩み抜いたはずの選択が本当に正解だったのか、答えは誰にも分からない。

どんなに泣いたって朝は来ると痛いほど認識させられたあの日々からもう7年が経ってしまったのだと思うと、その7年をかけてちっとも成長していない自分を実感して苦しい気持ちになる。

 

毎年3月になると流れる津波の映像も、まだ生傷の残る東北の今も、ただ「生きている」私も、何も変わっていない。

ただ、「変わらない」ということに価値を見出してどうにか生きている。

もし、今日なんの予定もない静かな1日を過ごすことになっていたら、と考えるとおそろしくて震えてしまう

そのくらい私の中でまだ消化できずに刺さったままのガラスが、きっとわたしの心の中だけでなく多くの人の心に深く深く刺さっているのだろう

 

私が本当につらくてどうしようもない時、彼女達のひたむきにまっすぐに頑張る姿に、キラキラな笑顔で歌い踊る姿に、少しずつ力をもらった

7年目の今日、心が揺らぐこの日に、変わらない笑顔で接してくれた彼女達に改めて救われている私がいる。

 

AKBグループは先週東北3県に訪問してライブをしているし、まだまだ復興に向かって頑張っていかなければならないことはたくさんある。

だから私も少しずつ、すこしずつこの刺さったままのガラスをいつか自分の一部として愛せるように、認められるように生きていきたい。

 

2018.3.11